忍者ブログ

峯田和伸をナメているすべての人たちへ

赤石が長澤

各種の条件から、普通の移植治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、海外で診療を受けるという手段もあります。

移植に関しては、北欧諸国が技術的に優れており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

移植メディカルケアで、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。ブリッジでもいいですよと言われましたが歯医者さんから今後のことを考えて移植をすすめられ、最終的に移植を選びました。
すさまじくな費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えれば移植だと言われました。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになり移植が正解だっ立と思います。



最近メジャーになってきた移植ですが、オペレーションを受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、絶対にこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってちょうだい。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にちょうどくるのは移植です。移植体と呼ばれる人工付け根の埋入オペレーションをして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる診療で、入れ歯にくらべれば費用はかかりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、ご飯もオイシイと思えます。

どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といっても移植です。みなさんが気にしている移植の耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。移植メディカルケアにある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的な移植手当てでも、院内感染の心配はあるものです。
いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんとしることがキーポイントの一つです。



感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。

移植の特性として、噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、けっこう大切なメリットの一つです。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、根元をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯は供に、ガムを噛んだくらいではびくともしな幾らいにしっかりした構造になっています。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。


移植埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってちょうだい。



麻酔が効いたことを確認した上で執刀に取りかかるためです。

オペレーションが終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかも知れませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
誰でもインプラント手当てができる理由ではありません。



その大きな原因は他の歯科診療よりも費用がかかることでしょう。


ほとんどのケースはインシュアランス適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうので失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用にはかなりの開きが出ますし、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることはもちろんです。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないといったことも他の歯科治療と異なります。

よく耳にするようになった移植は、どんな治療かというと、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。入れ歯などの方法とくらべると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然におこなうことができます。

インプラント診療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが必須といえるでしょう。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

新たな歯科医療の形として注目されている移植。



その耐用年数は、生涯もつと言われることが多いものですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスやメディカルケアを担当した歯科医の腕にも影響されるそうです。
口内のセルフケアを怠れば、数年で移植が劣化し、またオペレーションを受けなければならなくなります。
加えて、歯槽膿漏などの病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)を起こしてしまうと、根元を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体も左右されてしまうのです。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R